白山陶器 M型カップamp;ソーサー 売れ筋新商品 【予約】 白マット 約 日本製 波佐見焼 10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ

白山陶器 M型カップamp;ソーサー 白マット (約)10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ 波佐見焼 日本製

M型カップamp;ソーサー,白山陶器,hatuhishingu.com,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , カップ・マグ・ソーサー,波佐見焼,/geotechnics178551.html,1312円,日本製,(約)10×φ7×6φ13.5×2cm,白マット,M型シリーズ 白山陶器 M型カップamp;ソーサー 売れ筋新商品 白マット 約 日本製 波佐見焼 10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ M型カップamp;ソーサー,白山陶器,hatuhishingu.com,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , カップ・マグ・ソーサー,波佐見焼,/geotechnics178551.html,1312円,日本製,(約)10×φ7×6φ13.5×2cm,白マット,M型シリーズ 1312円 白山陶器 M型カップamp;ソーサー 白マット (約)10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ 波佐見焼 日本製 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー カップ・マグ・ソーサー 1312円 白山陶器 M型カップamp;ソーサー 白マット (約)10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ 波佐見焼 日本製 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー カップ・マグ・ソーサー 白山陶器 M型カップamp;ソーサー 売れ筋新商品 白マット 約 日本製 波佐見焼 10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ

1312円

白山陶器 M型カップamp;ソーサー 白マット (約)10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ 波佐見焼 日本製

Amazonより

●高度成長期の日本、近代化してゆく食卓に合うコーヒーセットとして1973年に誕生。リクエストに応え、2006年に復刻
●シンプルでシャープなデザインは今も輝きを失っていない
●1973年グットデザイン賞受賞


メーカーによる説明

白山陶器 シュガーポット 白マット 150ml M型シリーズ 白山陶器 ミルクマグ 赤 φ7.5×9.5cm 並木 白山陶器 マグカップ 天目 φ9.5×12.5×9cm タル 白山陶器 コーヒーポット 白マット 680ml ストレッチ 白山陶器 コーヒーカップ & ソーサー 紺マット 200ml オネスト 白山陶器 シュガーポット ホワイト φ9×8.5cm エスライン
サイズ φ7×7cm φ7.5×9.5cm φ9.5×12.5×9cm 高さ14cm (碗)11×φ8.5×6cm、(皿)φ14×2cm φ9×8.5cm
ホワイト 天目 白マット 紺マット ホワイト
素材 磁器 磁器 磁器 磁器 磁器 磁器
電子レンジ
家庭洗い

白山陶器 M型カップamp;ソーサー 白マット (約)10×φ7×6φ13.5×2cm M型シリーズ 波佐見焼 日本製

半世紀前に発売されたとは思えない端正でモダンなデザイン。正にロングライフデザイン、さすがグッドデザイン受賞製品です。森正洋さん最高です。注ぎ口から一滴分液垂れしますが許せます。紅茶にも煎茶にも使えます。容量400mlなので、湯呑みなら3、4杯、ティーカップなら3杯、マグなら2杯分です。茶こしが内側に造作されていますが、詰まりやすいので、白山陶器HPにあるポリプロピレン製のストレーナーφ64H60 別売300円(税別)を買った方が洗いやすいし良いのかも。 続きを読む
以前、銀座松屋さんのデザインコレクションで購入したものの復刻版だと思い購入。多少違いましたが、気に入ってます。茶こしネットはついてないので、使用される方は別途ご準備必要です。 続きを読む
  • 公開講座

    Instructional Design について学習できる講座です。東京や大阪等、全国で開催しています。

  • 講師派遣

    IDに関する研修の講師派遣を希望される方はこちら

  • IDポータル

    Instructional Designを学ぶ人への応援サイト

  • オンラインプログラム

    教授システム学研究センターが提供する「教育改善スキル修得オンラインプログラム (科目デザイン編・自律学習支援編・FD活動デザイン編)」はこちら。

  • 公開科目

    本専攻でどのような学習ができるのかを体験!

  • Open Courses

    Let's continue to experience How cat what is learned in

  • 研究活動

    教授システム学専攻および教授システム学研究センターでは、多様なテーマについて研究を進めています。

最新のお知らせ